シアーカバー


>> 薄づきなのにしっかりカバー!ミネラルファンデーション【シアーカバー】 <<
>> 初回特別価格15,800円 ⇒ 8,900円(税込) 安心の30日間の返金保証付き <<

シアーカバーは3つの秘密で成り立っている

シアーカバーが女性の間で話題となっているようですが、その中でも特に目立つのが3つの秘密が素晴らしいからだと思います。まず一つ目の秘密というものが、製造段階からすべての工程においてプロの視点が生きているということでしょう。

確かに化粧品というものは、いい成分というものを使っていれば誰でも使いたくなると思うのですが、そこにプロの手が加わるとなると当然信頼が持てるといえます。そのようにしっかりと考案されて誕生したものが「微粒子ルースファンデーション」となってます。まさにこのファンデーションはその名が示すように、粒子が本当に細かくなっているので、べっとりではなく、ふわっとくつっく自然な纏い方になります。そして密着すると、付け心地のいい実感とともに非常に素晴らしい見栄えを保つことができるのです。

続いて二つ目の秘密は、光の科学というものをふんだんに生かした内容となっています。外に出れば、同然様々な光が人間に当たるわけですが、それをうまく利用することで、イリュージョン効果をもたらすと同時にカバー力に特化した「ピュア天然ミネラル」を配合していることです。

そして最後の3つ目の秘密は、使う人々すべてのことをしっかりと捉えていることがわかる敏感肌を考慮した秘密が隠されています。それは「肌にやさしい処方」というもので、化粧荒れをなくす構造となっているのです。これらの3つの秘密が合わさり、シアーカバーのメイクセットは製造されています。

話題のベーシックセット

気になるのが、やはりシアーカバーの「ベーシックメイクセット」といってもいいのではないでしょうか?3つの秘密を取り入れ作られたメイクセットとなっているにも関わらず、なんと初回価格は8900円となっています。どうしてここまで、リーズナブルで女性にとって非常に優しく効果があるものを販売できるのか調べてみると、それは開発者の思いにあるようです。

ポーリン・ヤングブラッド・ソリ氏がこのメイクセット、3つの秘密を考案したのですが、出来る限り肌に負担がないようにをコンセプトに開発と研究を進めていったようなのです。この思いこそが、多くの女性の間で広まって今日のシアーカバーの認知度というものを上げているのだと思います。

さて気になるベーシックメイクセットの内容ですが、ルースパウダー状のファンデーションがとにかく今までにない感覚を実感できる内容となっています。微粒子パウダーの密着が本当に自然で優しくマッチするので、まるでつけているのかを忘れてしまうかのような軽さというものがあるのです。この自然と感じることこそが、恐らく肌トラブルをカバーしているんだなと納得してしまうかのような印象を受けました。

それに長時間キープできるメリットも加わっていますから、崩れる心配も必要ないといっていいでしょう。ベーシックメイクセットは選べる全3セットでライト、ナチュラル、タンと希望のコントラストを選択することが可能となっています。

  >>> 【シアーカバー】 ベーシックメイクセットの内容を詳しく見てみる

悩みのカバーとお得なプラン

シアーカバーが人気になっているのも、サービスの質とベーシックメイクセットにおける内容をみれば、なんとなく頷ける方もいらっしゃるかと思います。しかしながら、単にそれだけの人気でここまでシアーカバーが支持されているわけではないのです。それはどんな女性の悩みでもある、それぞれの顔におけるシミやニキビ、そして目の下におけるクマなどをカバーできるという点に尽きるでしょう。

ただカバーするというものではなく、シアーカバーの場合は本当に嫌らしくなく、ありのままの、もしくは本来の顔に仕上げてくれるといった印象です。つまり、明らかにファンデーションを塗って隠しているな・・・と他人から見られることがないのです。最も気になる毛穴であっても、自然に馴染む形で広がることで密着するので、「わざとらしさ感」が一切ないのです。

だからこそ、ベーシックメイクセットを購入する際にしっかりと自分に適したコントラストを選べば、肌そのものとして演出できるのです。このような成果を挙げることができるのも、3つの秘密があってのことだと思います。

また、現在初回購入2ヶ月後に新たに購入すると、25%オフになるビューティープランというものがあります。そして最大15%のポイント還元、トータルメイクカラーコンパクトが無料でプレゼントされる特典もついています。このビューティープランもベーシックメイクセットと同様に女性に非常に優しい存在といえるかと思います。

>> 【シアーカバー】 公式ホームページへ行ってみる <<